05年5月2日 鬼怒川温泉
出張続きのひろあきくん。
連休の予定も立たぬまま、GW突入。
せっかくとれたお休みだし、EOS DIGITALでびゅーもしたいし、どっかに行こうということで、まず鬼怒川温泉をチョイス。
今回はGW得々プランという言葉に惹かれ、公立学校共済組合鬼怒川保養所なんてところに泊まってみました。。
連休の合間の月曜日だったせいか、東北道はガラガラ。快適ドライブ。
お天気がおもったよりも早く回復してくれたので、ライン下りを楽しむことに。
出発地点は鬼怒川温泉駅近く。ここ数日の雨で水量はかなり多いそう。あと20センチ多かったら出船できないとのこと。
日も射してきて、水面を渡る風が気持ちいい。
船の一番後ろの席に座って雄大な景色を楽しみます所要時間は大体40分
この足跡マークは拡大お勧め写真。クリックしてみて。
奇岩もあちらこちらに。。
これは
。水を飲む象?
今回は3槽の船が出ました。水量が多いので予定時間より早く進んで行きます。
盾のように切り立った岸壁。流れの緩やかなところ。流れのきついところ。様々なポイントを過ぎて行きます。
お天気がまだ完全に回復していないのが残念。緑のこの季節もいいけど、紅葉の頃もお勧めだって。
流れがとても緩やかになると3槽ロープで繋げて、モーターボートで引っ張ってもらいます。
手の空いた船頭さんに、写真を撮ってもらいました。
船の舵取りは後ろの船頭さん。楽しい軽快なガイド兼お笑い担当は先頭のおにいさん。結構ぎゅぎゅうにお客さんが乗ってるでしょ。
裏話。。。下流まで来た船はどうやって上流まで戻すのか?
また船同士を繋いで、モータボードである地点まで運んで
クレーンで吊り上げて、何槽か重ねて(お皿みたい)トラックで上流まで運ぶそう。
裏話その2
古くなった船はどうするのか?
旅館の
お風呂とか刺身の船盛りのお皿(笑)になるんだとガイドさんが教えてくれました。。。
ゴールは大瀞港。バスターミナルまで上がって、駅までのバスを待ちます。鮎の塩焼きとビールが美味しそうでした。。
美味しそう。。食べたい!!”っていう感じがにじみ出ている写真でしょ。撮影者はひろあきくんでした。
そんなに下った感じはなかったんだけど、バスで走ると、大瀞港から鬼怒川温泉駅まで、思ったより距離がありました。
船頭さん達お疲れ様でした。。
お部屋の中はこんな感じ。こざっぱりと。
窓からの景色。明日はいい天気になりそう。
まずはビールで乾杯!!
手作りのお宿周辺MAP.
いいでしょ。
テニスコートはあるんだけど。。。
これじゃプレイは無理 だよね。。。
今日のお宿はホテルたかはら。公立学校共済組合鬼怒川保養所。
http://www.h-takahara.com/index.html
温泉といったらやっぱり露天風呂。のんびり長湯。
露天の写真はホームページからお借りしました。
夕食まで少し時間があったので久しぶりに卓球をしてみました。勝負の行方?もちろんはるぞうが勝ちましたヨ。
ちょうどタイミングよく、露天が貸切状態に。次の誰かかくるまで独り占め。贅沢。
。。。。夕食。。。。
食事処に着くと、すでにテーブルいっぱいにど〜んとごちそうが。。
まずはいちご酒。手作り。
お通し生湯葉。ペラペラではなくかなり厚みのある湯葉。歯ごたえあって旨し。
季節のものの前菜。四点盛り。こういうものを見ると酒が欲しくなる。。
お造り。タラバ蟹・鮪・間八・いかの姿造り。
タラバ蟹をほおばる。幸せ〜。
ビールは早々に引き上げて、日本酒に。お薦めの一本を頂きます。
焼物。栃木和牛朴葉焼き。焼けた味噌をからめて。
湯葉尽くし。温物。湯葉餃子。あったかいうちに。。
煮物。竹の子木の芽和え。春ですねぇ。
冷物。栃木名産八汐鱒の燻製。まだまだ続きます。
酢の物。赤貝・うど・わかめぬた和え。
湯葉は日光の名物。中皿。湯葉ステーキ。これでもかってくらい湯葉づくし。嬉しい。美味しい
御飯。五目釜飯吸い物ににらの玉子とじ。があったんだけどあまりに品数があって撮り忘れた。、
香の物。
デザートに抹茶豆腐
ごちそうさまでした。。。
ほんとにお腹いっぱいのはずだったんだけど。。。
。。。。二次会?。。。。
御食事処からトレイでお酒を2本程テイクアウト。持ち込んだおつまみ(まだ食べる??)と共に。お風呂に入ると小腹が空くのはなぜなんだろう?
更に飲み足らず、持込み(途中のコンビにで購入)の日本酒も空けてみました。
気がつけば。。。テーブルの上に空いた酒瓶達が。。
飲みすぎ。でも帰り道を気にすることもないし。お布団はすぐそこだし。。。ま、いっかぁ。。。
そうして気がつけば夢の中。。
おやすみなさい。。。
鬼怒川ライン下り
ホテルたかはら