夕焼けを眺めながら、日本へ。
日本に着いて、迎えてくれたのは土砂降りの冷たい冷たい雨。
現実感たっぷりのこの寒さ。
ダウンに包まりながらおもう事はただひとつ、このままサイパンに戻りたい。。。

4年前のフィジーの写真を見返して見る。
悲惨なこと、この上なし。
よくまぁ、公開できたもんだ。。。
確かに露出なんて全然分かってなかったし、水中でもプログラムモードで撮れば誰でも簡単に撮れるぐらいにおもっていたし。(あの時は完璧に露出オーバー)
あの時よりはだいぶ分かるようになって、その分おもしろくなってきた水中写真。
勉強不足解消に潜らねば(?!)
さぁ、次はどこの海にカメラを連れて行こうか?
あっその前に。みんなに忘れられないようにサイパンにも来なくちゃね。

定刻どおりにサイパンを出発。
機内食は三色ご飯。
そして、定番(?)のワッフル。

空港につけば厳しい荷物チェックで長蛇の列。
この日は何だかゴルフツアーらしき観光客がたくさん。そのゴルフクラブの一本一本までチェクする徹底振り。
やっとのことで荷物を預け、空港内をブラブラ。

大きなハードケース2個とカメラケースとお土産のはいった大きな手提げ。
日本を出国するときは大丈夫だけど、帰るときに必ずひっかかるのは重量制限。一個に付き$25は痛い。今回は二人分まとめて計算。$25で済んだ。

帰途へ

私はシーフードピラフ。ひろさんはドライカレー。どこにいっても何頼んでもボリュームいっぱいでてくる。全部食べていたら大変なことに。。。残すのも美学ということをサイパンで習った気がする。

スープ付きのセット。&ビール。(大ジョッキが出て来た。。。)

お土産と器材をパッキングして、早めにチェックアウトして、14時までの間、ゆっくりランチすることに。ブルークラブのパスタが食べたくて行ったのだけど、残念ながらランチメニュータイム。。。。
場所はやはりハイアットのすぐ近く。

イージー・キッチン

サイパンのお土産で有名な(?)サイパンダとボージョボー人形の巨大版。ボージョボーは手をつないでいるけどこれは何のおまじない?

ジョーテン・ショッピングセンター。地元のスーパーって楽しい。お土産用に作られたものでなく、地元らしいお土産が探せるし、安い。日本未発売とかこれは無いんじゃないのというものまで例えば、緑茶を買ったら、蜂蜜ブレンドだった。。。とか。 

スーパーのレジ前で見つけたお酒。VODOKA TWIST。ウオッカベースの何かとクリーム?自分でミックスして飲む??サイパン版ワンカップ。ちょっと怪しくてまだ飲んでいないけど、とりあえず全種類。

新しく生まれ変わった、ガラパンのメインストリート。今はこんなに空いているけど、夜になると 呼び込みの超ミニのお姉さんの集団や中国人のマッサージの呼び込みの声が飛び交う賑やかな通り。
ABCマートや昨日行ったふるさともこの通りにある。

パセオ・デ・マリアナ

06年3月1日 その1

いよいよ最終日。
チェックアウトは13時、ホテル出発は14時とゆっくり。
部屋中に広げた器材を乾燥させて少しでも荷物を軽くさせるため、この時ばかりはエアコンをガンガンにかけて、起こさないで札をかけて、
お土産探しに街へ。

3月

2月

28A

28@

27A

27@

26A

25@

25A

26@

TOP

24A

24@

23