06年2月25日 その1

ダイビング。
実は朝が早い。8時前に迎えがくるので、とろい私は6時半過ぎには起きないと間に合わない。日本時間だとまだ5時半。なんて早起きなんだ。エライ!
しかも普段だと”あと5分。。。ZZZ" なんて有様の私でも遊びとなると起きれるんだから子供みたいなもんだ。
極上の朝焼けを眺めながら、スタバの甘〜い甘〜いカプチーノをずずっとすすれば、なんだかちょっと得した気分。
毎日こんなだったら、爽やかに起きて、機嫌よく仕事にいけるんだけどなぁ。。
って、現実逃避な気分を引きずって、部屋に戻ったら”大の字”で 爆睡中のひろさん。
おいお〜い!とつっこみたくなるような立派な寝相。
全身でリラックスを表現している ひろさんなのでした。。。

イーグルレイ・シティ

サイパンにきたら是非潜りたかったポイントの一つ。水深10m程の広い砂地の周辺をホバーリングするマダラトビエイに会えるポイント。冬場がベストシーズン。手の届きそうな距離で彼らと会える。雑誌とかでは見ていたけど、実際目の当たりにすると壮観!!感動ものです。  
だだし、はずすと何もないそうで、確かに。。。。

今日はtaeさんも一緒。

多少流れがあるので、海底にへばりついて、指を砂にザックザックと差しながらほふく前進。

きつかったマスクを緩めてもらい、我儘なお願いをして、レンタルレギのマウスピースを自分のくたくたのマウスピースと付け替えてもらい(ありがとうございました。。。)やっと本来の快適さを取り戻し絶好調!

どんなレギでもBCでもストレスを感じないひろさんがうらやましい。。。
My重機材で今回初めて潜ったひろさん ”(BCとレギはレンタルでもどこのメーカーでも)何でもいい・どれでも同じ” ってことが分かったそう。
良いも悪いも分からないだけなのか、本当に何でも適応できてしまうのか、私にとってBC・レギは重要なアイテムなんだけどなぁ。
確かに購入する時、機能よりも ”人が持ってなさそうなもの”っていうのを重視してたものねぇ。。

さぁ、イーグルレイ三昧だっ!!

下から見上げるようにして写真を撮ると光がはいってエイが際立つ。はるぞうが好きなアングル。

今回の写真もはるぞう写真はほぼ没状態。ひろさんがカメラを持っていてくれて良かった。。。
この後やっと露出オーバーに気づくのだけど、何のためにワイドレンズを買ったのやら。。

ドアップ。にやけてるような。。かわいい顔してます。望遠なしでこれぐらい近づいて写真が撮れることも。しかし、こういう時は見とれてしまって写真をつい忘れてしまうんだなぁ。。。

エイの数に負けない程、ダイバーもいっぱい。

ただ今旋回中。

エイとひろさん。

30数枚までは数えられました。
これでも圧巻だけど、多いときには50枚以上現れるそうな。すごい。
冬場のちょっと流れがあるぐらいのほうが透明度もあがってGood.。
この広い砂浜と透明度。マダラトビエイの大群が本当によく映えます。

並べきれないのでサムネイルにしてみました。

また、会いに行きたいなぁ。。それまでカメラの腕も磨いておかねば。

沈船・松安丸

水深12m程のところに戦時中に沈んだ民間輸送船松安丸全長40mの巨大な船だが船首以外はほとんど原型をとどめないほどバラバラになって沈んでいる。今はたくさんの種類の魚たちの住処に。

今回はA河さんの100本記念ダイビング。おめでとうございます!1000本記念もかけつけますからね!

ひろさんが行く。どちらへ?

バラバラで船体のどの部分なのか?そもそもどっちが船首なんだか?あまりに大きくて全体像がつかめない。

船体の陰に さめ 。

船体の隙間を通り抜けていく。
はぐれないでね。おいてかないでね。

”よっこいしょ”
お腹つっかえてない?
通れる?

しばし、探検。。ワイドレンズ大活躍。

ひろさんが撮る魚はおとぼけ顔ばかり。しかもばっちりカメラ目線。おもろい。

どこかでエンジン音がする。ボートか船か?
見上げてみるもそれらしき影はない。
イントラに案内されたさきにいたのは、なんと、観光用の
潜水艦セレナだった。
ポイントの横に潜水艦の通り道があって、時間帯によっては、こんなシーンに遭遇できるらしい。

びっくり。。。

イントラさん云わく
 ”
サイパンで一番の大物”。(笑)

沈船と現役の潜水艦が一緒に見れちゃうなんておもろいです。

潜水艦の丸い窓からお客さんが手を振ってくれます。
向こうからはダイバー達はどんな風に見えるのかな。

向こうに見えるのは船首だっけ?

子供の時遊んだ、秘密基地のよう。

転々と並んだ、これは何?砲弾のようにも見えるのだけど。。

ストロボを使ってみましたが、光があさっての方向照らしちゃいました。まだまだ修行が足りません。。

このポイントの最後に ひろさん の写真館です。

3月

2月

28A

28@

27A

27@

26A

25@

25A

26@

TOP

24A

24@

23