06年8月18日 その1 

ご覧の通り、ひろさんは部屋で仕事。
退屈な私は、ガイドブックを片手に今日のドライブルートをあれこれ検討。といっても、島の外周沿いにあるメインルートをぐるっと一周するだけ。迷うこともない。ガイドブック通りに廻れば主要ポイントもルートの上。考えることは時計回りか反時計回りかどちらかってことだけ。私たちは御神崎灯台で夕日が見たかったので半時計回りを選択。ということで、あっという間に検討終了。
まだかなぁ。。。お昼前には出発したいなぁ。
で、結局出発したのは11時過ぎ。
待たせた罰に今日もひろさんの運転となりました。。。

平久保崎灯台。。。。。。

島田紳助のお店”トムル”。。。。。。。

。。。。。。。明石食堂

。。。。。。玉取崎展望台

川平湾。。。。。。。。。。。。
               

御神崎灯台。。。。。。。。。。

石垣島鍾乳洞。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。米原のヤエヤマヤシ群落

cafe Nu〜bo^。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。宿 みずほ

。。。。。。。。。。。伊原間サビチ洞

。。。。。通路川の通路橋

やどかりを見つけたところ&パラグライダー発見地。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。空港

。。。。。。。。。。。。。。。。。。マクラム道路

離島桟橋・市街地。。。。。。。。。

日の出と夕日の見える里。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

石垣島一周

宿を出てマクラム道路を北上すればあっという間にのどかな景色に変わる。

街路樹の下。数人のおじさんが何かを拾っている。私たちも車を降りて木の下を探して見るとこんなが。これって何??帰宅後色々調べたが結局不明。食べるのだろうか??

今日の相棒 メタリックピンクのミラ。bX。実はひろさん軽自動車を運転するの初めて。

吹通川のヒルギ群落。。。。。。。

道はとっても空いているけど、スピード落として、道中も楽しみましょ。せかせか走るのはここでは似合わない。。ゆっくり走れば何かに出会える。急ぐ旅じゃないし、何が飛び出してくるか分からないし。んっ?
真夏じゃなかったら(こんな日差しの中、そんなことしたら死んでしまう。。。。)スクーターでとことこ走りたい。

橋の下を覗いたら、あちらこちらにハゼが顔を出していた。

ふっと車窓で目に止まった景色。Uターンして車を降りてみる。こんな普通の道路の橋の下にマングローブ林の群生する川が。南の国ならではの景色。

市街地から40分。石垣島最北端の平久保崎灯台(写真正面)へと続く海岸線を一望できる。左に少し見えるのが伊原間湾。右に太平洋。石垣島のビューポイントの一つ。この左右にも海が広がりパノラマ景色。う〜ん気持ちいい♪

駐車場を降りて、根が蔓延る道を展望台のある丘へと歩く。

観光ポイントには必ずいる移動販売の車
夏休みの子供かとおもったら、あら、ひろさん。

あまりの暑さにアイスクリームも瞬間で液体になっていく。。。

通路橋の下。

ハブに注意!懐中電灯”って。
出るの???

玉取崎展望台

変な形。どんぶりをひっくり返したみたいな、ラクダのこぶのような。。

道路沿いに海が見えてきました。カーナビによるとこの海は日本海でも太平洋でもなく、”東シナ海” だって。  ほぉ♪

ちょっと休憩。もの凄く暑いけど海風が心地よい。

やどかりに遊んでもらいました。
捕獲されてジタバタ。かわいい。

展望台へと続く道にはハイビスカスの花が咲いていた。

島の形は玉取崎展望台のあたりと明石食堂の辺りでキュッとくびれてる。宿を出発して北上。平久保崎灯台までいったらまた同じ道を引き返す。玉取崎展望台辺りまで戻ってきたら今度は右折して島の反対側を廻って市街地を通って、宿に戻ってくるというルート。(国道390号→206号→206号→79号)

石垣島最北端の
平久保崎灯台

更に丘陵に登ってみた。視野いっぱいの海が足元に広がる。頭上には遮るもののない青い空。地球は丸い!!
見飽きることのない景色

灯台のてっぺんで作業中。お疲れさまです。

平久保小学校。
門柱の上。ここにもシーサー。

小学校の校舎と校庭。”いいなぁ。うらやましいなぁ。”とひろさん。ここならのびのび学べそう。この校庭、裸足で走りたい。

さっきやどかりに出会ったところでパラグライダーをやっていました。
この青い海を眺めながら空中遊泳!気持ち良さそぉ♪

美味しい石垣牛。どの牧場も放牧スタイル。広々とした草地でのんびり草をはんでいる牛たち。食べられちゃうってことだけが雄一のストレスかな(笑)。

あちらこちらで見かけるこの白い物体。中身を確認したら牧草だった。牧場の近くの道路沿いとかに必ずといっていいほどある。これはなぜかペインティングされた牧草俵。こんな暑いところに置いておいて発酵したりしないのだろうか?

明石(あかいし)食堂
私たちは時間をずらしていったけど、それでも行列が出来ていました。

ちょっと道を入ったところにあるので見過ごしてしまいましたが、ちゃんと看板が道路に出ていました。良くみて見落とさないように。

ソーキソバ。ボリュームいっぱい。大中小とサイズがあります。私たちは中を注文。

朝日と夕日が見える里
看板に惹かれて立ち寄ってみました。

明石食堂に入る道の反対側。島の形がきゅっとくびれているところ。
小さな展望台(?)が設けられていて、両サイドの海が見られます。

島田紳助のお店 トムル 。石垣ビビンバというメニューがあるらしい。立ち寄らず、ここは写真だけ。

広い緑の牧草地の端っこに白い灯台

19

18A

8月

18@

17A

16@

16A

17@

TOP

15A

15@

14