4月

5月

TOP

29

30@

30A

2@

1A

1@

2A

3@

3A

4@

4A

07年4月30日その1

いよいよ今日からダイビング。
お世話になったのは前回同様
SEA FORCE
一年前と少しも変わらない笑顔で おかえりなさぁ〜い♪ と迎えてくれたsakamatuさん。
ただいまぁ〜♪

今日もいい天気。でも風が気になる。。

毎朝、ここでコーヒータイム。エントランスの隣なのでコーヒーを飲みながら迎えを待つこともできる。ちなみに二人で5$。お代わり自由。そして雀の朝ご飯の場所でもあったり。

SEA FORCEのホームページ。
ロゴクリックしてね。

今回お世話になった船。

久しぶりに日焼け止めを塗ってみた。
でもそれはささやかな抵抗にしかならなかった。。。。

タンクの数=ダイバーの数。
どっさりり。

向こうに見えるのはマニャガハ島。マリンスポーツが色々楽しめるらしい。
一本目はサイパンの一番南のポイント、
ナフタンへ。水深60mまで落ちるドロップオフ。棚上にはサンゴが群生している。

久々のカメラ無しのダイビング。
はじめはちょっと手持ち無沙汰だったけど、たまにはいいいかも。

荷物がない分手足を伸ばしたり、飛んでみたり、伸びをしてみたり。。

濃い濃い青
透明度40mオーバーの世界。
視力のある限りどこまでも〜〜。自分の視力の限界をお試しあれ♪

カリフラワーみたいなサンゴ。小魚が群れている。

海の案内人 sakamatu さん
海の中でも、相変わらす何かやってくれます♪oneダイビング一芸

sakamatuさん何か見つけてきた。根っこには小さな住人。
マクロは難しい。

デジカメで撮るとやたらどぎつい黄色。

ハダカハオコゼ
手のような前ビレが面白い。

カメラマンbysakamatuさん。モデル ハル&ひろ。いい感じでしょ♪
マリアナブルーとサイパンの太陽。大好きな組み合わせ。

ドロップオフ沿い。振り返れば青い海と白いカスミチョウチョウオの群れ。流れに身を任せて何時までも漂っていたくなる。。。気持ちいいぞぉ〜!
タンクお代わりっ!!

ご満悦の私。その背後には美味しそうなぐるくんの群れ。

ご存じ。くまのみ。

ナフタン岬。

気がつけば、船の下ではエキジット待ちのダイバーだらけ。
お先にどうぞ〜♪ 

あっという間に一周して、船の下。浅瀬、光が入ってキレイ。サンゴの群生が一望。

一本目のメインカメラマンはひろさん。
日々奇跡の一枚を狙ってがんばっている。
二人でカメラを持っていると同じ被写体でも撮り方が全然違って面白い。

2本目はオブジャン。青い海と白い砂地のコントラストが美しい。その白〜い砂地にサンゴがポンポンと点在。ビーチエントリーもできるけど、リップカレントが。。。
ニョロニョロこと
ガーデンイルが群生。癒し系ポイント。

エントリーした途端四方八方に散って行くダイバー達。(笑)皆さんどちらへ??

今回、出発前日にカメラのハウジングの破損(劣化によるもの)に気づいて、涙。
ほんとダイビングの度に色々壊れる私。もう当分壊れる物はないとおもってたのになぁ。。。
今回2本目にひろさんのカメラを借りて色々撮ってみました。。

う〜ん。
白と青のグラデーション。きれいだぁ。。。
広角レンズが欲しい。。。

サンゴには小魚がたくさん。

ダイバーが行く。
気持ちいいねぇ〜♪

白い砂地にがくっきり。ひろさんガニ股。(笑)影もガニ股。

ニョロニョロことガーデンイル。がんばってそ〜っと近づく。
全身が巣穴から出ちゃうんじゃないかってぐらい体を伸ばしている。こんなに伸びているの初めて見た。びっくり。おまけにうねうねうねってるし。。。
上手く撮れそうにないのでカメラをsakamatuさんにパス。
でバッチリ撮って頂きました。さすが♪

群れからはずれた砂地のあちらこちらでもちょこんちょこんと顔をだしている。
顔をちょっとだけ出している姿もかわいい。

岩場の下に彼の姿を確認したら、そ〜〜っと手を差し入れる。

ひげをちょんちょんと軽〜くタッチ。すると、恐る恐る手に乗ってきて。

更にじっとしていると、もぞもぞとクリーニング開始。掃除屋赤スジ白ヒゲエビ

真っ白い砂地と青い海。見上げれば降り注ぐ太陽の光。癒やされるなぁ。。。

サンゴの間も真っ白い砂地が続く。

ヨウジウオ。一応全身バッチリ撮れたけど、どこにいるか分かる?

垂直で漂っていたヘラヤガラ。その姿勢のまま近づいてきた。
お〜い!大丈夫かぁ?

もの凄く馬面

エキジット直前。カメラを真上に向けてみた。
突き刺さりそうな
強烈な太陽光線。

水温28。3℃
どこまでも澄んだ景色。

NEXT