09年4月30日

毎度のことながら。。。高橋家の行動は遅い。。
ネットで検索するも電話してみるも、どこも予約はいっぱい。
こんな時は困った時は 
JTB
4/19日曜日○○堂のJTBカウンターに駆け込む。
ゴールデンウィークにダイビングしたいのですが、どこかビーチリゾート予約とれませんか?
伊豆ですか?
伊豆ぅ?? あのぅ 海外に行きたいんですけど。。。(確かに伊豆はビーチリゾートかもしれないけど。。。。笑)
しばし検索。。グアム・サイパン ダメ。エアーがない。さらにおねいさんがパンフレット片手に検索。
しばらくして どこかのパンフレットを持ってきた。    
プーケットはいかがですか?
プーケット? 私はカウンターの下で携帯を駆使する。プーケットってどこだっけ?タイってどこだっけ?ダイビングできたっけ?どんなところだっけ?

想定外だったので、こちらの頭の中に全く情報なし。
携帯のサイトにダイビングショップの書き込みがあるってことは ダイビングはできるらしい。
クーデターの影響なのか、プーケットだけは予約が空いているらしい。
これを逃したら ゴールデンウィーク どこにも行けないかもしれない。

これも何かの縁。

さぁ、
微笑みの国 タイ王国 プーケットへ♪

成田発10:00。タイ国際航空(TG)直行便で現地時間15:20着。料理も美味しく、サービスも良いと評判のTG。
まずは乗って1時間半程でおやつタイム。
アルコールも無料。これは白ワイン。
配られたおやつはなぜか あられ詰め合わせ ”
北海の味”。成田発だから?

NEXT

白枠の写真はクリックすると拡大します♪

タイ王国 Kingdom of Thailand 東南アジアに属する。
プーケットは
首都バンコクから南へ900kmに位置するタイで最も大きな島。周囲に大小32の島々を抱えている。プーケット島北から本土へ橋がかけられていて事実上陸続き。
言語は
タイ語。観光客が利用するようなところはだいたい英語が通じる。
通貨は
バーツBaht。
フライト時間は成田〜プーケット
直行便で約7時間半。バンコク乗継だと、成田〜バンコクが約6時間半 バンコク〜プーケットが約1時間くらい。
時差は
-2時間
私たちが訪れた季節は暑季から
雨期への変わり目。プーケットの西側(リゾートがある側)はアンダマン海、インド洋に面していてモーンスーンの影響を受けやすい。雨期は西風の影響で波も高くなり、スコールが頻繁にくる。晴れていても突然土砂降りといった天気。しかし、雨のあとは涼しくなり、年間を通じて25℃〜30℃という亜熱帯性気候の中(特に暑気である4月の平均気温は35℃!)で生活する現地の人々にとっては そんな天気こそ いい天気 らしい(笑)。

おやつから30分後すぎ。ちょうど日本時間でだいたい12時頃。昼食タイム。
メニューは 炒飯・海老チリ風・サーモンサラダにパンにケーキ付をチョイス。
評判通り美味しい♪

温かいというより熱々の食事が提供されるもの嬉しい。

食器がおしゃれ
器の色といい 皿を覆っていたアルミホイルの色(左隅に丸まった緑色のもの)といい 色濃いカラー。
特に気に入ったこの
カップ
帰りの国内線では味気ないプラスチックだったけど。。。

さすがゴールデンウイーク。満席。
新型インフルエンザの影響か、機内の乾いた空気のせいなのか 
マスクだらけ
しかし、シートもカラフルだなぁ。。。

食べ過ぎ。。。(*^_^*)
昼食から2時間後。
がっつりおやつ。というより食事だよね。

食べて寝て、さほど退屈もせず、プーケットに到着。
南国のあの独特の湿気を帯びたむわっとした空気を吸い込みながら外を見たら。。
あら?
変な飛行機。
あとで調べてみたらタイの国内線nok・エアでした。尾翼のくちばしマークがロゴでこの会社の機体はみんなこんな感じらしい。可愛い♪

今回の宿泊先は
ダイヤモンド・クリフ・リゾート&スパ
南北約50km 東西21km 面積550kuの
プーケットにはいくつものビーチがある。
観光客の滞在の起点として一番賑やか
な所がプーケット最大のビーチタウン 
パトン・ビーチ。その北側の小高い斜面にあるホテル。(現地で気がついたのだが。。。斜面上に施設や部屋がある 故にどこに行くのにも階段。階段。もしくはカート移動 )
パンフレットのトップに載っていたのと、評判が良さそうなのと、JTBのカウンターのおねえさんのおすすめで選んでみた。
プーケットはそこそこ広いので 
滞在中の過ごし方でエリアやホテルを選んだ方がいい。
私たちの場合、ダイビングの船がでるシャロン湾まで山を越えて車で20分くらい。夜の繁華街で遊ぶのには、
トゥクトゥクや送迎バスなどを利用して、だいたい5〜10分くらい。歩けなくもないが、パトンビーチタウンは広い。。。

ビーチ沿いに道路があってその道路沿いに各ホテルが並んでいる。
せっかくだからと
オーシャンビューの部屋をチョイスしたら、確かに海は見えるのだけど。。。
海の手前には電線やら通りやら。笑
でも部屋からフロントまで歩いて数秒の距離。ホテル外への移動にはとっても便利。

オーシャンフロントスイートっていうらしい。
天蓋付きのベッドに
右の奥にはジャクジー完備。
窓の向こうには左の景色が眺められる小さなバルコニー。
西側に面しているので、夕焼けが綺麗。

これがジャクジー
ダイビングから部屋に帰ってくるのは、いつも夕方遅く。プールも間に合わない。
ジャクジーがあって良かったぁ。
がしかし、本来のバスルームが部屋の反対側なので、泡だらけで部屋を縦断するはめに。。。

部屋のあちらこちらに薔薇の花。
石鹸の上。さらにはバスマットの上まで。アロマも焚かれていい香り♪
幾つになっても花は嬉しい♪

初日はどこに行ったらいいのか分からなかったし、移動で疲れたしということで、ホテル内のタイレストラン”タイオーキッド”へ。
入口で靴を脱いで裸足で店内へ。

ヤム(混ぜ合わせるの意)・ウンセン
海老と春雨のサラダ。
パクチーたーっぷり。
意外と辛い そして
温かい

鶏肉のバジル炒め。
タイ語で
チキン・パット(炒める)・バジルかな?
これは辛くないだろうと頼んだのだけど。。。
あとから 辛さが じわ〜っと。。

タイではシルバーの基本セッティングは右手にスプーン左手にフォーク。フォークで集めてスプーンで口に運ぶという作法。麺類をズルズルとすするのはNG。麺類(箸がついてくる)はスプーンに載せて口に運ばなければならない。器に口を付けてもならず、タイ人は器をも持つこともしないらしい。同じアジアでも作法がかなり違う
タイ人から見たら、日本流の食べ方ってかなりお行儀悪いことになるのね。

グリーンカレー
激激辛い。痛い。。。

初日からノックアウト。。

スチーム・ライス タイ米
この芳ばしい香り♪タイ料理にはかかせません。

プーケット・ビールにシンハー・ビール。辛い料理には水のように飲めるこの軽さが丁度いい。沖縄のオリオンビールのような感じかな。

辛い料理に弱い私。
パクチーが苦手なひろさん。
2週間前まではこんな二人がタイに旅行にくるなんておもわなかったよね。
そして日本に帰る頃にはすっかりタイ好きになっていた二人。
さぁ明日から 2年ぶりのダイビング三昧です♪

明日は朝も早いので 22時半(日本時間では24時半だし、朝早かったし、食べ過ぎで眠いし)と健康的な時間にベットの中。 
では おやすみなさい zzz 。

ホテル内を探索。
地図をもらったものの、ホテル内は広く複雑。
目的のプールサイドBarにやっとたどり着いたもののやっておらず。。。
結局、滞在中に一度もプールサイドで寝ころぶことも、ビーチにも行くこともなかった。。

ホテル内の高台にあるグランドウイングロビーからメインフロビーを移動するカート。これに乗って移動するとかなりの急斜面に沿ってホテルが建てられていることが分かる。
どおりで階段が多いわけだ。。

タイでは密閉された空間(レストラン等)の多くのところが禁煙。ロビーの横のBarで飲むときも、煙草が吸いたかったらBarの外で蚊と闘いながらとなる。
南国に来たらやっぱり
ピニャコラーダ♪タイのピニャは何となくヨーグルトっぽい。

5月

4
3A
2A
3@
1@
1A
2@
30

4月

TOP