プーケットの北西に位置するアンダマン海のシミラン諸島へのダイビングクルーズ
シーズン中は常時30mを越える透明度を誇り、
魚影も濃く、大物ではジンベイザメやマンタにも遭遇できる海。
そのクルーズも、雨期に入り西風の影響で波が高くなるため、ゴールデンウィークを最後にシーズンオフになる。

今回、縁あって訪れたプーケットの海。
次回はベストシーズンに。そして是非クルーズにもチャレンジしてみたい。

☆ このポイントでその他会えた魚達。インドフーライウオ。スズメダイ色々ヤガラなどなど。
Data・・・透明度7~10m。流れ 弱く全体的にサーモ 深度max 16.4m avg 9.4m 水温 28.5℃ 波3m

真正面から見るとこんな感じ。

コラーレバタフライフイッシュ。通称”マユゲ”目の上の黒い模様がかもめ型の眉毛(バカボンのおまわりさんの眉毛)みたいに見えるから。

ヨスジの群れかとおもったらアカヒメジの群れ。由来は釣られると(死後)赤色になるから。

タイワンカマスの群れ。下にはゴツゴツとしたガレバ。砂地から岩場そしてサンゴが綺麗なルーシーリーフへ。景色も変化に富んでいて飽きない。

タイガーズカラーのムスジコシュダイ。の後姿。

コクテンフグ。色彩変異の激しい種類。いずれも口の周りが黒っぽい。白黒のパンダバージョンと黄色バージョン。

インド洋固有種のインディアン・オーシャン・ミスジチョウチョウウオ。オビレの根元が黄色いのが特徴。

ワモンダコ求愛中。2匹います。

枝サンゴの森の上にはナミススメダイデバスズメダイがどっちゃり。

モンハナシャコ。びっくりするほど動きが早い。ひろさんも追いかけるが、追いつかない。あっという間に岩場の隙間へ。
へっへ~!捕まえられるもんなら捕まえてみな!とバカにされました。。。

岩場の下にいたこの魚。あっち向いちゃっていますが、名前は何でしょう??

キリンミノカサゴ

今回のプーケットでの最終ダイビングはここ。
景色を楽しみ、、のんびりダイビングするには最適のポイント。
透明度が良い時に是非もう一度潜ってみたい。

2本目 ラチャヤイ島No3~ルーシーリーフ

どこにでもいるヨスジ。よく見ると枝サンゴの先端が白化?こんな元気な海でも環境破壊が来ているのか?

ひろさん。

怪しい雲に囲まれているものの、私たちの頭上は薄曇り。雨も降っていない。
晴れ女の
勝ち!
船に戻って、プーケットの方をみたら、その上には
真っ黒な雨雲

エキジット直前、ふっと下を見たら、
バリアブルーラインドフュージュラーの群れが。
最後まで気が抜けません。

sachiさんのスプーンの上にいるのはキリンミノカサゴ。色彩豊かで可憐だけど、ミノカサゴの中でも最も毒性が強いらしい。

何だか分からない人にはこちら。
左側が頭。

すんごいへの字口。
がんばって岩のように擬態してる、
二ライカサゴ

ドクウツボ

子供の時はメスで成長すると♂への性転換する珍しい種類。さすがタイ国。お魚のオナベ?♂はこんな風にとってもカラフル。

目までつりあがっちゃって、かなり機嫌が悪いようで。。。
クロハコフグの♂

クモウツボです。サワディーカー♪

ラクダハコフグ。チョロチョロ動き回るので、ファインダーに収まらない。
ユニークな容姿。箱形のボディに小さなヒレ。アンバランスな姿ながらすばしっこい。

ブロックのあたりでツバメウオの若いのがウロウロ。

ヘラヤガラ

粘りに粘ったけど、これが限界。お願いだから、もう少し動かないでいて。
スカンクアネモネフイッシュ。セジロクマノミに似ているけど、セジロより色が淡い。この背びれがスカンクに似ているから。匂いを出すわけではない。

黄色って目を引くよね。
ヨスジフエダイ。

フタスジタマガシラ。
手前にいるのは???

ラチャヤイ島は乾期よりも雨期のほうがコンディションが良いそう。
北東から南東にかけて変化にとんだ、たくさんのポイントがある.。
やっとカメラに慣れてきて(遅っ)のんびりフイッシュウオッチング。
真ん中にいるのは、ジャワラビットフイッシュ。

天気もぐずついているが、海も荒れ気味。
今日は酔い止めをもらって、船室内に陣取る。
この酔い止めがばっちり効いて、行きも帰りも爆睡。
(この薬は後ほど自宅用に購入)
時折目が覚めて船尾の方を見ると
水平線が45度に傾いている。。。!!
こんな時は寝ているに限る。。。。zzz

1本目 ラチャヤイ島 No2ベイ

山を越えたら天気は変わる。町ごとに天気が違う。
土砂降りに見舞われたのは、パトンにいた私たちだけだったようだ。
シャロン湾あたりにも雨は降ったようだが、着いたころには曇り空。うっすらと空が明るくなってきている。 
でも見渡せば、まだあちこちに厚い雲。
きっとどこかで雨が降っている。
今日のプーケットの天気は油断ができなそうだ。


南国仕様なので窓ガラスとか幌とかはありません。

昨日からの雨が降り続いているのか、今朝もぽつりぽつりと雨模様。
昨日から海も荒れ始めていたし、ちょっと不安になった朝。
弱まるどころか、次第に雨脚が強くなり、迎えがくるころには、
豪雨に。。。
晴れ女もこれまでか。。。
ウインドブレーカーを借りて迎えの車に乗り込む。

☆ このポイントでその他会えた魚達。インディアダッシラズ。コラーレバタフライフイッシュなどなど。
Data・・・透明度7~10m。流れ 弱く全体的にサーモ 深度max 17.6m avg 11.3m 水温 28.9℃ 波3m

白枠の写真はクリックすると拡大します♪

NEXT

09年5月3日 ①

5月

4
3②
2②
3①
1①
1②
2①
30

4月

TOP