NEXT

白枠の写真はクリックすると拡大します♪

09年8月15日 その1

ロタのダイビングの朝はゆっくりめ。
ホテルのロビーに朝8:20に集合。
今回も
朝食付きだけど、ボートに乗っている時間もとっても短いので船酔い(しないけど)の心配なく、がっつり頂いても大丈夫。
ロタ亭の朝ごはんは
3種類からチョイス。
japanese・american・チャモロ。
今朝はjapanese。
サラダ(ロタでは野菜はなかなか食べられない)味噌汁・味付け海苔も付いてきた。
食後にはフルーツも。

今回お世話になったダイビングサービスは
Blue Palms
shopの
目の前は海なので、その時の海況が一目瞭然。
bestポイントに案内してくれます。
3日間お世話になりましたが、毎回違うポイントに行けるようアレンジしてくれたり、細やかなサービスが嬉しい。
二階には
ギフトショップPalmsもあります♪

ご機嫌な天気!
だが、昨日までは日本にもやってきた台風8・9号の影響で天気も海況もあまり良くなかったらしい。そんなこと微塵も感じない、今日は
ダイビング日和

マリンダイビングとダイバーの取材班
日程も限られているのに、天気は気まぐれ。
やっと天気も回復して今日は大忙し?
港までの移動風景、私たちも被写体に。
ロタ島の南西端は雫のような形で島が突き出している。
その付け根にあるのが島の殆どの人が住んでいる
ソンソン村。島の全人口はおおよそ3300人くらい。
Blue Palmsも村の一画にある。
shopから東の港まで車で1分、西の港まで5分。
ダイビングポイントはタタチョ岬から北部にかけてリーフに囲まれた
遠浅の海岸沿いと雫状に突き出している島の南西部
時間にして港から
船で数分、遠くても10分ほどの距離。船酔いの心配もない。
波にもまれ苦労して移動することなく、綺麗な海に
あっという間にダイビングできちゃうっていうのはとっても嬉しい。
近いのでダイビングの度にshopに戻ってきて休憩。午前中に2本潜って、お昼ごはんの後に3本目というダイビングスケジュール。
ダイビングの合間に
昼寝もok。これなら直行便できても体調を心配しなくてもいいかも。
ちなみにロタ島のダイビングスタイルはセッティングおまかせの
殿様ダイビング

ソンソン村・・・・・・☆

☆☆・・・・・・・・・・・・・・Blue Palms

ザ・ロタホテル・・・・・・☆

ロタ国際空港・・・・・・・・・・・・☆

・・・・ハルノン岬

☆・・・・・・タイピンゴット山

テテトビーチ・・・・・・☆

西港・・・・・

自作なのでかなり適当(位置関係も)だけど、ロタ島はだいたいこんな形。

☆・・・・・・・・・・・・サバナ山・
             サバナ高原

ロタ島の2つの水自慢。
島西部にある標高480mのサバナ山に海からの湿った風がぶつかり雲になる。島の3分の1にもなる広大な熱帯雨林のサバナ高原にスコールをもたらし
地下水が豊富にたまる。水質のよさはマリアナ諸島でナンバー1。水道水もそのまま美味しく飲めると言われている。
そしてもう一つが島を囲む海。
世界でも
トップクラスの透明度を誇る
その海はロタブルーと呼ばれ、ダイバーを魅了している。

タタチョ岬・・・・・

真っ白な砂地に光燦々と降り注ぐ、癒し系ポイント

海中でテニスをするダイバー♪
今回はゴルフボールでチャレンジらしい。
こんな楽しみ方もあったのね。

360度見渡す限り砂地!真っ白な砂地にロタの青く透明な海。ブルーがひと際映える最高のロケーション。    
うっとり♪

波もなく穏やか。
光たっぷり影も濃いっ!
砂地に波模様も映るぐらい
クリアーな海。

陸上ではできない技もできるかも。
転んでも痛くないし。

1本目 ジェリーズ・リーフ

どこまでも透明な海。
ただ今 満喫中。。。。

ロタは太平洋戦争であまり爆撃を受けなかった。
しかし海底にはこんな置土産が残っている。
砲弾。信管が残っているかも??

足跡?

今日の海の案内人。
イントラは
wachiさん

変な色と模様のなまこ達。

砂地といえば チンアナゴ。

よ〜く伸びます

☆ このポイントでその他会えた魚達。・アカヒメジ・グルクン・ミスジ・ツルベラの幼魚などなど。
Data・・・透明度30〜40m。 深度max 17.3m avg 10.9m 水温 30.1℃

初めてのロタダイビング。
コンディションも良く、噂以上のロタの海に感動。
しかし、ロタの海の魅力は青く透明なことだけではない。
驚きはまだまだこれから。。。

光を浴びて漂うもよし、仰向けに寝っ転がって波間をぼーっと眺めるのもいいかも。ゆっくりまったり癒されますなぁ。。。

ダスキ-アネモネフイッシュ?

砂地のあとは根の周りの探索へ。
ダイバーの泡がなかったら
水はどこっ?ってぐらい透明。

タイピンゴット山
通称
ウエディングケーキ・マウンテン

休憩・おやつのバナナ・そして昼寝。。。。。

西港。ソサンラグ湾側。ここでスキンダイビングできそうなほどキレイ。

港とは思えないほどクリアな海。小魚の群れに海ブドウも成長中。

2本目 ロタ・ホール

センハノン・ケーブ。通称ロタホール
ロタで
最も有名なケープポイント。
横穴から入ると中は大きな洞窟になっている。その洞窟の天井に
ひょうたん型の穴が空きそこから太陽光がスポットライトのようにダイバーに降り注ぐ。神秘的なポイント。
太陽が高く上がる季節の正午前後がBestタイム。
季節・時間・海況・太陽すべての
条件をクリアしなければならないけどそうは簡単にいかない。
実際,、昨日まで海況・天気があまり良くなく本来のロタ・ホールが見れなかったそう。
そんなロタホールに初日にチャレンジできることになった。嬉しい♪

ハルノン岬にある洞窟。

青の洞窟の入口。
横穴から洞窟の中へ。

入口は意外と暗く奥までよく見えない。その分期待も高まる。
ワクワク♪

わぉ!まさに舞台を照らすスポットライト。幾筋もの光が束になって降り注いでいる。
時刻は12:30頃。ちょっと広がり気味になる時間らしい。太陽と穴のに
位置関係によって光の角度も幅も違ってくる。

順番に記念写真タイム。

モデルに慣れない私たち。

海面から差し込む光は力強く、おもったより太い。

濃い青に支配された洞窟に射し込む光は、まさに天から降り注ぐ光の柱。時折り、光の中をカッポレが行きかう。絵になる瞬間。慌ててシャッターを切った。

洞窟を出て外洋へ。ナポレオンに遭遇。ちょっと遠目。

Data・・・透明度50m↑。 深度max 17.9m avg 12.4m 水温 30.1℃

東港

TOP

18

17A

17@

16A

16@

15A

15@

14

8月

http://www.blue-palms.com/