NEXT

白枠の写真はクリックすると拡大します♪

2010年5月5日 
1本目  ムンジャンガン島 U  

TOP

7@

6A

6@

5

4A

4@

3

2

5月

2本目  ムンジャンガン島 ケープ

今日は昨日御一緒したkazueさんがリクエストした島の反対側のポイントへ。反対側って言ったって島は広い。行きは3時間↑、帰りは渋滞もある(バリは只今道路工事中)ので4時間もかかる予定。だから出発は朝6時過ぎ。早っ!さすがに起きた時はまだ真っ暗。これは途中立ち寄ったガソリンスタンドからみた朝日。

もちろんホテルの朝食は時間外。でも前日にお願いすれば、朝6時でもブレックファーストBoxを用意してくれる。
焼き立てのパンに卵にフルーツ。コーヒーもつけてくれる。焼き立てのパンはまだ温かく嬉しい。その朝ごはんを車中で済ませ、もうひと眠りzzz。

朝9時半過ぎにやっと到着。
ここは
バリ島北西部にあるインドネシア国立公園

ゆっくりと景色を楽しみながらポイントへ。何で島の向こうに山が見えるの?とおもったら、あれはジャワ島だって。距離にしてたった3km。とても近い

海の色が違うっ!
透明度が全然違う。わ〜い!

港からちょっと大きめのローカルボートをチャーターしてムンジャンガン島へ。
島までだいたい
25分くらい。

前方に見えるムンジャンガン島は鹿しかいない無人島。その周囲には一年を通して透明度が良いエメラルドグリーンの海が広がっている。

ドロップ沿いを海中散歩。遠くまで来た甲斐があったね♪
青い青い海。ドロップ沿いに大きな
ウミウチワがたくさん。
ここは魚もサンゴも元気いっぱい。

ミノカサゴ。

やたらと大きいこれは何?

大物こそ会えなかったけれど、魚の種類は豊富。様々な魚の群れが私たちの前を行きかう。

タテジマキンチャクダイ

グルクン?

ロクセンスズメダイ。

クマノミ

見上げれば光燦々
やっぱり こうでなくっちゃ。

暖かい海でのんびり育った魚たち。普段見掛けるのより一回り大きいような。。。最初会った時びっくりしたのがウメイロモドキ、これって本当にウメイロ?っておもうぐらいビックサイズ

浅瀬でキラキラ。水底に水面が映っているのかとおもったら、こんなところにギンガメアジの大群!!
美味しそう? 笑

海面に手が届きそうな浅瀬。光を受けて銀色のボディが海の色を反射している。
水底に映る水面とキラキラと輝く光の帯。キレイだぁ♪

☆ このポイントでその他出会えた魚達。ニチリンダテハゼピンクスクワットロブスターキハリモンガラ・ハタタテダイ・カスリハタなどなど。
Data・・・透明度20〜20m 深度max 26.5m avg 14.7m 水温 30.3.℃

ボートを撮っている私。水面上にカメラ持ち上げて写真を撮るのって結構大変なのよね。重いし、液晶光って見えないし。。。。よっこらしょっと。

島に上陸して昼食タイム。
運が良ければ鹿に会えるかも。

今日の昼食は バリ弁 。ナシゴレン。骨付きチキン・目玉焼き・小魚のせんべい?(カリカリして美味しかった)&えびせん(湿気ないようにビニールに入ってる)と盛りだくさん。もちろん、サンバルもかかさない。

名前のとおりドロップ沿いに所々ケープがあるポイント。

心地よい流れに身を任せ青の世界を散歩
。時々壁にへばりついて小物探し。

イントラもびっくりな超Bigサイズウツボに出会ったり。

ニチリンダテハゼ。チャームポイントの背びれを広げてくれたけど、破れちゃってる。

コクテンフグ

ダイバーの前を舞うのはコガネスズメダイ

日本人。

ケープ。

今回いつになく宝持ち腐れになっているカメラ。流れの中で掴まるところもなく、まして動きの速い彼らをタイミング良く撮るのは難しい。ましてやマクロなんて。。。。
て言い訳。笑。

たまには海の流れに身をまかせ、のんびり漂っているのもいいかもね。

☆ このポイントでその他出会えた魚達。カエルウオ・ツバメウオ・スミレナガハナダイ・クマノミ・イナズマヤッコニセアカホシカクレエビコロールアネモネフィッシュ・ヤガラなどなど。
Data・・・透明度20〜25m 深度max 23.0m avg 12.9m 水温 30.9.℃

kanaさんの右横辺りに3匹のカスミアジがいるのだけど分かる??

浅瀬のサンゴの上にはたくさんのカラフルな小魚たち。とってもキレイだったのだけど、まとまりのない写真ばかり。。。。

サヌールの北側にはローカル食堂や屋台が多いが、メイン通りを南側へ行くと子洒落れた店が幾つもある。
ダイビングを終えて、シャワーを浴びて、ホテルの近くの
ザ・ビレッジに辿り着いたのは夜の21時近く。

メニューを見ても良く分からないので、Special todayを注文。
ウエイトレスが怪訝な顔するので不安になったが、どうやらこんな時間にディナーをとる客は殆どいないらしく、私たちもBar Timeに飲みにきた客とおもっていたらしい。このセットはおつまみセットじゃないよ。こんなに食べれるの?って心配してくれていたらしい。
すみません。私たちはこれから夕食なんです。。。

前菜もメインもこの一皿が一人前。普通の食事としてもかなりなボリューム。。。。
高級感漂う雰囲気のお店だけど、料理もワインも割とリーズナブル。ビールとスパークリングワイン、ローカルワイン1本とSpecial Today 2人前で サービス料・税金込みでだいたい800000Rp.弱。
お洒落な雰囲気を壊せないので、今日は控えめに携帯のカメラでパチリ。色悪いなぁ。。。。
ペンネがとっても美味しかった。

7A