NEXT

白枠の写真はクリックすると拡大します♪

2011年4月29日 その2 
1本目  チェックダイビング ウォーターヴィレッジ・オール・ドハウスリーフ? 
2本目  マブール島 パラダイスU

青いのは水面直下のみ。

チェックダイビングといってもファンダイビングと変わらない。
器材の調子はどうかなぁ?
カメラは水没してないかなぁ?
とセルフチェック。
器材は大丈夫でも、寝不足では体調ばっちりとはいかない。左のおでこが痛い。ゆっくり行こう。

これは何?

あちらこちらにスカシテンジクダイが
ごっちゃり。ストロボを使えないので頼るは自然光のみ  といっても。。。

これはるぞうのE-410の写真。

こちらひろさんのXZ-1の写真。
どちらもオリンパス。なんでこんなに色合いが違うのだろう?

なんか設定変えたの?

ハナビラクマノミ。
ストロボ使うならう〜んと近づいて。下手に使うとマリンスノーが起きて斑点だらけになってしまう。

瓶もゴロゴロ。

Data・・・透明度5〜10m? 深度max 19.6m avg 12.6.m 水温 28.6.℃
セレベス海域は、プランクトンが豊富で透明度は良くない。平均しても10mから25m程らしい。
タイの海に似て、青というより
緑に近い海。暖かくてなんだかトロッとした海。

建屋の骨組みみたいなもの。ジャングルジムみたいなもの。三角形のもの。こんなものが幾つも沈んで漁礁となっている。他にも土管に瓦礫に色々。。マクロ探しも良いが、こんな風景を遠巻きに眺めるのも面白い。透明度が問題だか。。。

覗きこんだら、何かの群れが固まっていた。ギンガメアジ!?

5m先のガイドが見えないっ!
ダイバーの数だけ砂やら何やら舞い上がる、ますます白濁していく。。。。

夏の空の虫の群れのようなスカシテンジクダイ。見上げた太陽も霞んでいる。。。

画像がぼんやりしているのは、ピンボケのせいではなく。。

ダイブステーションで1時間程休憩して、2本目は桟橋からstart。今回はボードで説明してくれたけど、普段のブリーフィングは口頭のみ。

マブール周囲だけでも10以上のダイビングポイントがある。

1本目より透明度は良いみたい。
砂地にはヒトデがいっぱい。

ここでもスカシテンジクダイがごっちゃり♪

ガイドが手招きし、何かを指さしている。
枯れ草??
よ〜く見ると何かが草の側でヒラヒラしている。
これは何?シーホースの仲間の
カミソリウオ??

初めて会った人は誰もがびっくりすると思う。
その名も
ワニゴチ
カサゴ目ゴチ科トカゲゴチ属という さかな である。
体長30〜50cmくらい。
近づいたら、クワッ! と怒られるかとおもったけど、見かけによらず大人しい。

アップ♪
ストロボ焚いてもビクともしない。
マブールでは良く見かけるが、昼間だからなのか、こうして岩場などに
へばりついている姿しか見かけない。周囲に溶け込んでいて意外と見つけにくい。

ウミウシ。

Two Spot Snapper
桟橋の下でいつも群れている。ぎっちり固まって、向こうが見えないぐらい。浅瀬なので色もはっきりキレイ♪
大きさはグルクンくらい。

やがら達。

桟橋の真下。
桟橋の柱に根付いた大きな枝サンゴ。

Data・・・透明度5〜10m? 深度max 18.2m avg 11.4m 水温 28.4.℃
二本目のダイビングが終了したのは16:30。マブール島は夕暮れ時。
怒涛のような1日(2日?)が終わって、やっと一息。
マブール島での
ビールTigerで乾杯♪  旨いっ!

向こうの海の上に見えるのは
シパタン・ウォーター・ビレッジ

桟橋を下りると左側にビーチ。

右側にはビーチサイドバー

海を眺めながらの〜んびりビールタイム♪

室内は土足禁止。トイレもこのまま裸足でいくことになるので、気になる人はスリッパなどを持っていくといいかも。
また室内は
禁煙なので、外で。灰皿は置いてないので、携帯灰皿か空き缶をkeepしておいて利用を。

食事はダイニングホールで。19時くらいになると銅鑼を鳴らして知らしてくれる(といっても部屋までは聞こえなかったが)
食事は朝昼晩と
ビュッフェスタイル
料理は中華?アジアン?マブール流?

メーカーのページより。
デジタル一眼レフカメラのレンズ「ZUIKO DIGITAL」のクオリティを受け継いで開発された「i.ZUIKO DIGITALレンズ」を搭載。F1.8 - F2.5という明るいレンズが圧倒的な描写力を実現します。画像処理エンジンは「TruePic X」を搭載。「i.ZUIKO DIGITALレンズ」の性能を最大限に引き出し、美しく豊かな表現を可能にします。

ひろさんのnewカメラ。
オリンパスXZ-1
迷った挙句、某電気店のおじさんに勧められて購入したカメラ。
前機のマクロ時のピンのあまさも解消、操作もし易い。多機能。
水中写真もひろさん曰く ”良い感じ ”
すんごいお気に入り ♪。

ハウジングを着けてもこんなにコンパクト

5月
3B・4
1@
30@
3@
2@
3A
2A
1A
30A
29A

29@

TOP

28

4月