NEXT

白枠の写真はクリックすると拡大します♪

2011年5月1日 その2 
3本目  マブール ロブスターウォール
4本目  マブール ハウスリーフ
たっぷり66分のダイビング。
Data・・・透明度10m? 深度max 11.6m avg 6.7.m 浅っ! 水温 29.2℃

タテヒダイボウミウシ。

チリメンウミウシ?

スミレナガハナダイ。通称サロンパス。

フジナミウミウシ。ピンボケなのでアップにできません。

ウミウシ図鑑が作れそうだ。笑

オコゼらしきものを撮っていたらガイドが違う違うってジェスチャー。?とよ〜く見たら、このオコゼの上にツノザヤウミウシ?が乗っていた。。。。

コクテンフグ。

シロウネイボウミウシ。

中層で会った、どこまでも続くキンセンフエダイの帯。

ウツボ。

カクレクマノミ

あら。面白い。レンズポートのガラスが鏡になっちゃった。レンズが映り込んだ変な写真。

ボートの下はクラゲがいっぱい。
ゴミもいっぱい。

結局、ロブスターには1匹も会えず。。。

この子も名前不明。ヒブサノウミウシ?

初めてのセルフダイビング
3本目終了した後、
サンセットダイビングに行く?
って聞かれるので はーい♪
と答えておくと、重機材をセットしておいてくれます。
機材置き場の横にホワイトボードがあるので、潜行開始時間と潜行予定時間と名前を書いておきます。
そして忘れてはいけないこと。
帰ってきたら、必ずホワイトボードの名前などを
消すこと。このボードで誰が潜っているのか確認するので、消さないと、捜索されることになるので要注意!
そして残圧とダイコンの表示にも注意!

桟橋からジャイアントエントリーで、潜行開始。
サンセットとはいえ、まだまだ明るい。
4本目なので沖の方には行かず、島沿いの浅瀬を行くルートをとったのだけど。。。

Data・・・透明度10m? 深度max 18.9m avg 11.0.m 水温 28.9℃
その他出会えた魚たち・・カメ・ワニゴチ・etc

アカククリ。

ヘラヤガラ。

ブルースポットスティングレイ。

ツノハタタテダイ。

ハタタテダイ。

ヨメヒメジ。

ゆ〜っくりとフイッシュウオッチング♪
ヤガラのアップ。受け口だったのね。

フグも寄り放題♪

ガンガゼ。岩陰に潜んでいてうっかり刺されるダイバーもいる。刺されると結構痛いらしい。中央がブルーに輝いていて綺麗だけど、とっても嫌われ者のウニの仲間。

その桟橋の下の魚の群れ。ぱっと見た目似てるけど、よ〜く見ると何か違う。あとで写真を見て気がついたけど、4種類の魚が混泳していた。調べてみると、
@体に黄色い筋でヒレも黄色・・・
アカヒメジ
A体の黄色い筋にうっすら黒い斑点・・・
モンツキアカヒメジ
B体に数本の黄色い筋で尾ビレの近くが黄色・・・
ノコギリダイ 
C体に大きな黒い斑点・・・
ニセクロホシフエダイ
分かる?

@

A

B

C

30分程経ったところでUターン。桟橋に戻ったとおもったら。。。本来戻るべき桟橋は遥か彼方。。。おもったよりずっと流されていた。。。。

よくも似たようなのが集まったなぁ。
動きがはやくどれもまともに撮れないけど、
右上の尾ビレも黄色いのがアカヒメジ。中央にいるのがモンツキアカヒメジ。右下にいるのがノコギリダイ。

やっとのおもいで戻ってきた桟橋の下。相も変わらずTwo spot snapperがどっちゃり群れていた。

ミカヅキツバメウオのアップ。
可愛い♪

桟橋の下はTwo spot snappeの溜まり場らしい。

4ダイビング終わって、時刻は18:00くらい。
もう少しで日没。
たぶん向こうに見える桟橋のあたりまで行ってしまった(流された)はず。よく戻ってこれたなぁ。。

ダイブステーションのカウンターバーは終了してしまっていたので、今日はビーチサイドバーに移動。
ダイビング後の一杯は格別に美味しい♪
今日はビールではなくラムコーク。
フードメニューもあるので、飽きたらここで夕飯もいいかも。

ダイブステーションにライトも点灯し、ナイトダイビングの時間。

バーの周辺をウロチョロしていた猫のうちの1匹。人懐っこいのはいいけど実はかなりのやんちゃな奴。

今日の晩御飯はこんな感じ。同じ店で毎食食べているようなもの。であるけれど、1週間程の滞在でも特に飽きることもなかった。ご飯はタイ米。赤ワインはシラー。搬入は週に1回程度なのか、赤ワインを見たのはこれが最後だった。

マブールの天気は読めない。
こんな綺麗な夕焼けでも明日は晴れるとは限らない。

5月
3B・4
1@
30@
3@
2@
3A
2A
1A
30A
29A

29@

TOP

28

4月